3分Biz.
ニュース
» 2021年06月09日 12時36分 公開

旧九段会館が次世代型オフィスに 「オールジェンダートイレ」や「仮眠室」を整備災害対策も充実(1/2 ページ)

旧九段会館(東京都千代田区)を一部保存しながら建て替える「(仮称)九段南一丁目プロジェクト」の概要が明らかになった。健康と安心安全がテーマ。

[秋月かほ,ITmedia]

 東急不動産と鹿島建設は6月8日、登録有形文化財建造物である旧九段会館(東京都千代田区)を一部保存しながら建て替える、「(仮称)九段南一丁目プロジェクト」の概要を発表した。

 「健康」「安心・安全」をテーマに、アフターコロナにおいて都心部に求められる持続可能な新しい働きかたを実現し、SDGsへの貢献をはじめとする社会課題を解決する次世代型オフィスの提供を目指す。


九段南一丁目プロジェクト外観 建物の外観イメージ(以下リリースより)

 物件内に開業予定のシェアオフィスには、コンサルティング事業などを手掛ける「モノサス」(東京都渋谷区)の『ものさす社食研』と連携し、オフィスワーカーと地域に開かれた新コンセプトの食堂を設置する。食堂では産地直送のオーガニック食材を中心に利用し、栄養バランスの取れた定食スタイルの食事や産直サラダステーションを用意。さらにカロリー・塩分・栄養素などを見える化することで、より健康を意識した食事を提供する。

 また、コロナ禍における社員同士のコミュニケーション希薄化を解決するため、ランチタイムには食堂として、その他の時間ではオフィスワーカー向けのラウンジとして運営。さらに、オフィステナントに対するフードサービスとして、ランチボックスやケータリングも提供する予定だ。


九段南一丁目プロジェクト食堂イメージ 食堂イメージ


九段南一丁目プロジェクト提供メニューイメージ 提供メニューイメージ

 物件内には、内科・皮膚科・歯科・耳鼻科、薬局などが集まるクリニックモールを設置し、オフィスワーカーの健康支援を行う。各クリニックでは日常的な受診を行うだけでなく、新コンセプトの食堂と連携してオフィスワーカー自身の健康状態の見える化をサポート。クリニックからのアドバイスに基づいて健康的な食事・運動・睡眠を実践できるようにする。オフィスワーカー向けの各種健康セミナーの開催も予定している。


九段南一丁目プロジェクトクリニックイメージ クリニックイメージ

 屋上には、オフィスワーカー専用の緑豊かな「屋上庭園」を整備する。生物多様性に配慮し、周辺環境と合わせた植栽に加えて健康家具を設置し、簡単なストレッチや運動ができる環境を整える。オフィスワーカー専用の「仮眠室」も設置し、健康的で生産性向上に結び付く働きかたを推進。また、「オールジェンダートイレ」や「礼拝室」も整備し、入居企業のダイバーシティー経営をサポートする。


九段南一丁目プロジェクト屋上庭園イメージ桜 屋上庭園イメージ


九段南一丁目プロジェクト屋上庭園イメージ道路手前 屋上庭園イメージ

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -