ニュース
» 2021年06月11日 12時40分 公開

初の融合店「ニトリホームズ」オープン ロゴの色をオレンジにした理由は?店内を取材(1/3 ページ)

ニトリホールディングスが、「島忠」との初の融合型店舗「ニトリホームズ 宮原店」をオープンした。どのような店舗なのだろうか

[上間貴大,ITmedia]

 ニトリホールディングス(HD)は6月11日、経営統合したホームセンター大手「島忠」との初の融合型店舗「ニトリホームズ 宮原店」(さいたま市)をオープンした。ニトリと島忠のほぼ全ての商品を取り扱う大型店舗だが、店内はどのようになっているのだろうか。

初の融合型店舗「ニトリホームズ宮原店」

 同店は、島忠の「ホームズ宮原店」を改装。売り場面積は1階が1809坪、2階は1780坪の合計3589坪で、約6万3820アイテムを取り扱う。同社はニトリホームズを「グループ初の新たなトータルコーディネート店舗」と位置付ける。

 1階はホームセンターと、スーパーマーケット、ニトリが展開しているアパレルブランド「N+」が入る。

1階はホームセンターを展開

 これまで島忠が取り扱ってきたナショナルブランド(NB)の生活用品や家電はもちろん、ニトリのプライベートブランド(PB)商品も取り扱う。特に人気の高いキッチン・ダイニング用品売り場はニトリと同様の陳列とした。

キッチン・ダイニング用品売り場はニトリと同様の陳列

 2階はニトリと島忠の家具のほか、カーテンやラグなどのホームファッションを展開。ニトリと島忠の「融合」を象徴するように、両社が取り扱ってきた家具を使ったコーディネートを紹介する展示も用意した。

両店の商品をコーディネート

 島忠の須藤文弘会長は「ニトリの商品は中価格帯以下、島忠が取り扱ってきたNB商品の価格はそれ以上となる。価格帯に幅があることを見ていただきたい」と説明する。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -