メディア
ニュース
» 2021年06月16日 07時00分 公開

なぜ、コメ兵は出店を急ぐのか? 戦略を支える、すごいAI3年で100店舗増やす(1/2 ページ)

コロナ禍で多くのリアル店舗が打撃を受けているが、コメ兵ホールディングスは大規模な出店を計画している。傘下のコメ兵、K-ブランドオフそれぞれ今後3年間の間に100店舗出店の予定だ。理由はなぜなのか。また、それを支える「AI真贋」技術とは、何なのか。

[渡辺まりか,ITmedia]

 新型コロナウイルス感染拡大による影響で、多くの「リアル店舗」が打撃を受けている。そのような中、コメ兵ホールディングス傘下で中古ブランド品の売買を手掛ける2社、コメ兵とK-ブランドオフがこのほど、大規模な新規出店計画を発表した。

 コメ兵の石原卓児社長は「買い取り店を3年連続年間30店舗、系列で合計100店舗の出店」、K-ブランドオフの山内祐也社長は「国内FC店を3年間で100店舗出店」を成長戦略として掲げている。

 出店のスピード化を支えるのは「AI真贋」技術だという。両社の出店計画はどのようなものなのか。また、AI真贋がどのようにそれを支えるのだろうか。

コメ兵ホールディングス代表取締役社長 兼 コメ兵代表取締役社長 石原卓児氏(左)とK-ブランドオフ 代表取締役社長 山内祐也氏(右)

なぜ? コロナ禍でも、3年で両社とも100店舗出店

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -