3分Biz.
ニュース
» 2021年06月18日 11時00分 公開

ネスレ日本、賞味期限短い「キットカット」を”無人販売“ 流通先が限られる商品を消費者に直接提供食品ロス削減

ネスレ日本が食品ロス削減を目的とした無人販売機「みんなが笑顔になる 食品ロス削減ボックス」の運用を開始する。

[ITmedia]

 ネスレ日本は6月17日、食品ロス削減に向けた取り組みとして、無人販売機を使って賞味期限が短い商品の販売を開始すると発表した。全国5カ所に「みんなが笑顔になる 食品ロス削減ボックス」(以下、食品ロス削減ボックス)を設置し、流通先が限られる商品を消費者に直接提供する。

みんなが笑顔になる 食品ロス削減ボックス」(出所:プレスリリース)

 サービスでは、食品ロス削減アプリなどを手掛けるみなとく(東京都港区)が開発した冷蔵機能付きの無人販売機「fuubo(フーボ)」を活用。賞味期限までの期間が短くなったことで流通先が限定される「ネスカフェ」や「キットカット」などを販売する。

 扱う商品は、賞味期限1カ月〜2カ月前のものとし、希望小売価格よりも低い価格設定とした。例えば「キットカット ミニ 15 枚」は270円(希望小売価格:540円)、「ネスカフェ エクセラ ボトルコーヒー 超甘さひかえめ 900ミリリットル」は105円(同:163円)となる。

賞味期限1カ月前の商品を扱う(出所:プレスリリース)
取り扱う商品(出所:プレスリリース)

 購入場所や商品は専用Webサイトから選べるようにした。支払い後に表示されるワンタイムキーを入力するとボックスが解錠され、商品を取り出せる仕組みだ。

 設置場所は「キラリス函館」(北海道函館市)、「新宿郵便局」(東京都新宿区)、「ネスカフェ原宿」(東京都渋谷区)、「JRゲートタワー(JR名古屋駅)」(名古屋市)、「中国電力本社」(広島市)の5カ所。

購入方法(出所:プレスリリース)

 食べられるにもかかわらず捨てられてしまう食べ物「食品ロス」は社会的な課題として関心が高まっていて、SDGsの1つである「目標12 つくる責任つかう責任」では、食品ロス削減に向けたターゲットが設定されている。

 ネスレ日本とみなとくでは、この仕組み通して食品ロスの削減を目指し「原材料をできる限り無駄にせず、持続可能な形で消費者に商品を届ける仕組みを作りたい」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

続きを読むには、コメントの利用規約に同意し「アイティメディアID」および「ITmedia ビジネスオンライン通信」の登録が必要です

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -