メディア
ニュース
» 2021年06月25日 12時26分 公開

パワハラを「した」「したかもしれない」が約半数 ハラスメントに関する調査自覚はあるのか

ハラスメント行為の自覚に関する調査が行われた。パワハラ行為をしたという指摘を第三者(会社の上司など)から受けた経験がある人は13.1%だった。

[ITmedia]

 パワハラ行為をしたという指摘を第三者(会社の上司など)から受けた経験がある人は13.1%――コンサルティング事業を手掛けるマネジメントベース(東京都千代田区)の調査で明らかになった。

どの程度自覚があるのか(画像提供:ゲッティイメージズ)

 セクハラ行為を指摘された経験がある人は7.2%、マタハラ行為の指摘をされた経験がある人は3.1%だった。

ハラスメント行為を指摘された経験の割合(出所:リリース)

 パワハラ行為を指摘された経験がある人に、その自覚があるかどうかを尋ねると、「自分でもしたと感じている」(23.7%)、「指摘されればそうかもしれないと感じた」(23.9%)という結果に。何かしらの自覚がある人は、全体の47.7%だった。

パワハラをどの程度自覚しているか(出所:リリース)

 マネジメントベースは「今後、ハラスメント教育において求められるのは、自覚が無い人に自覚を促す工夫ではないか」と分析している。

 今回の調査は、2月21〜23日にインターネット上で実施した。対象者は30〜69歳の正社員・正規職員1万1209人。

パワハラやマタハラの自覚を聞いた(出所:リリース)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -