3分Biz.
ニュース
» 2021年07月01日 09時10分 公開

鹿児島の「住みここちランキング」2021発表 3位「霧島市」、2位「鹿児島市」、1位は?大東建託が調査(1/2 ページ)

大東建託は鹿児島県に住む成人男女が対象の居住満足度調査を行った。「住みここちランキング」の1位になったのは?

[ITmedia]

 大東建託は、鹿児島県に住む成人男女が対象の居住満足度調査を行い、その結果を発表した。それによると「住みここち(自治体)ランキング」1位は、2年連続で「姶良市(あいらし)」だった。

住みここちランキングの結果は?

 姶良市は、県の中央部に位置している。高速道路のインターチェンジが整備されており、空港・新幹線発着駅に近いという利便性の高さが評価された。また、隣にある鹿児島市のベッドダウンとしても発展しており、近年は人口増加が続いている。

住みここちランキング1〜9位(出所:リリース)

 自治体担当者は「自然豊かな環境でありながら、どこにでも移動がしやすい街であり、商業施設も充実しているので、ほどよいくらしが実現できる」とコメントする。居住者からは「大型の商業施設や複数のスーパーが徒歩圏にあるため、買い物に困らない。駅も近くにある。若いファミリー層が多いので、治安が良い。県庁所在地や空港にまで車で30分程度で着くので便利」(31歳女性)や「公園・幼稚園・保育園が充実していて、病院も多いので子育てがしやすい。騒音に困らない」(32歳女性)といったコメントが寄せられた。

姶良市の人口(出所:姶良市役所公式Webサイト)

 2位は県庁所在地の鹿児島市だった。薩摩藩の城下町として発展した歴史があり、現在は国際会議観光都市に指定されている。居住者からは「新幹線の始発駅や大規模商業施設に近く、交通アクセスが良い割には閑静だ。地域の住民間の交流も程良くある、住みやすい地域」(64歳男性)といった意見があった。

 3位は県内で人口が2番目に多い霧島市だった。交通の要衝地として発展した歴史がある。市内には霧島温泉郷や日当山(ひなたやま)温泉があり、観光地としても有名。居住者からは「都会でも田舎でもなく、大きな企業があり、若い人が多く活気がある。商業施設や病院があり、緑も多くとても住みやすい」(59歳女性)といった声が寄せられた。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -