3分Biz.
ニュース
» 2021年07月14日 14時00分 公開

東京23区で初 ゲオ、アパレル特化の「オフプライスストア」を表参道に最大91%オフ

表参道にアパレル特化の「オフプライスストア」が誕生した。取り扱い商品数は4000点以上で、最大91%オフで提供する。7月22日にオープン予定。

[ITmedia]

 ゲオホールディングスの子会社、ゲオクリア(名古屋市)は7月22日に、アパレルに特化したオフプライスストア「ラックラック 東急プラザ表参道原宿店」を期間限定でオープンする。同社による東京23区内の出店は初めてで、終了時期は未定となっている。

ラックラック 東急プラザ表参道原宿店 完成イメージ(画像:リリースより)

 オフプライスストアとは、複数のブランドやメーカーの商品を1つの店舗に集約して低価格で販売する業態を指す。メーカーや小売店の販売時期を逃した商品や余剰品を仕入れ、希望小売価格よりも安く売り出す。同社は「今回の出店を通して、オフプライス業態の認知向上を図りたい」とコメントした。

 ラックラックはアパレル特化型の店舗だ。新店では表参道という立地を生かし、ファッション感度の高い層にアプローチしていく。従来店舗では取り扱いがなかった「ステラマッカートニー」「ウェルズ ボナー」などの海外のラグジュアリーブランドを多くそろえ、メーカー希望小売価格から最大91%オフで販売する。扱う商品はデイリーユースからハイブランドの衣料品や服飾品まで、合計4000点以上。

海外のラグジュアリーブランドをオフプライスで提供(画像:ゲッティイメージズ)

 また、同社のSDGs活動を象徴する店舗として、衣料品回収をはじめ、CO2削減が視覚的に伝わるモニターの設置、コットンバッグの製造時に出る端材を使ったエコバッグの販売などに取り組んでいく。

 ラックラック1号店は19年4月に神奈川県横浜市でオープンした。現在は郊外を中心に12店舗を展開している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -