ニュース
» 2021年07月30日 10時46分 公開

ファミマとセブン、「カレーパン」で激突 “強化選手”に選ばれたワケとは狙いは?(1/3 ページ)

ファミマとセブンが「カレーパン」に注力している。セブンはレジ横という一等地で揚げたてを発売。ファミマはカレーキャンペーンに2種類のカレーパンを投入する。

[昆清徳,ITmedia]

 ファミリーマートとセブン‐イレブンが「カレーパン」に注力している。

 セブンは6月28日の週から都内で「お店で揚げたカレーパン」(149円)を順次発売。現在は販売エリアを神奈川県と東海エリアに拡大している。店内調理をしているのが特徴で、レジ横という“一等地”のショーケースに並んでいる。

セブンの「お店で揚げたカレーパン」(左)とファミマの「カレーハウスCoCo壱番屋監修 大きなチーズカレーパン」

 セブンは袋に入ったカレーパンも販売しているが、広報担当者によるとパン生地や中の具は異なるという。通常のカレーパンは具がスパイシーなのに対し、お店で揚げたカレーパンはフォンドボーと野菜のうまみを訴求。生地もサクサクとした食感が楽しめるように工夫している。30〜50代の男性を中心に支持が広がっており、想定を上回る売れ行きだ。

 これまでもセブンは、実験的に一部エリアで店内で揚げたカレーパンを販売していたが「今回は期間限定ではない」(広報担当者)。定番商品として育てていくとともに、販売エリアの拡大を目指している。

キャンペーンの影響で一時品切れが起きていた店舗もある

 なぜ、カレーパンに注力するのか。カレーパンは商品としての認知度が高く「揚げたて」という付加価値が支持されやすい。また「揚げたてのカレーパンを購入できる場所はそれほど多くない」(広報担当者)という分析も背景にある。セブンの店舗網で「揚げたてのカレーパンを食べたい」というニーズに対応する。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -