3分Biz.
ニュース
» 2021年08月05日 10時05分 公開

日清食品チルド、「ラ王」チルド麺の賞味期限延長 常温で50日間保存可能においしいeco麺プロジェクト

日清食品チルド(東京都新宿区)は、地球環境に配慮した商品を積極的に提案する「おいしいeco麺プロジェクト」について、「賞味期限延長」「エコ包装」の対象商品を2021年9月より拡大する。対象商品は「鍋焼 日清ラ王」の2商品と「日清のラーメン屋さん」ブランド全5商品。

[堀井塚高,ITmedia]

 日清食品チルドは、賞味期限が通常のチルド商品よりも長い「鍋焼 日清ラ王」シリーズの2商品を9月に発売すると発表した。賞味期限は常温で50日間。賞味期限延長は、同社の「おいしいeco麺プロジェクト」の一環としての取り組みだ。

日清チルドは「おいしいeco麺プロジェクト」の対象商品を拡大する(画像:以下、リリースより)

 同社が取り組む「おいしいeco麺プロジェクト」では、賞味期限延長だけでなく、エコ包装やエコ調理も推進している。今回は、エコ包装の対象商品も拡大する。「日清のラーメン屋さん」の全5商品で、プラスチックトレーの使用を廃止した。これにより、2021年度は年間約15トンのプラスチックトレーを削減できる見込み。

プラスチックトレーを廃止することで大幅なプラスチック削減につながる

 同社は、資源有効活用へのチャレンジと気候変動問題へのチャレンジの2つを柱とした「EARTH FOOD CHALLENGE 2030」を策定した。今後もおいしい、簡単、地球にやさしい商品を通して、環境対策の推進に努めていく。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -