金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年08月19日 15時15分 公開

PayPay、10月から決済手数料有料化1.6%に 他社を大きく下回る

PayPayは、これまで無料としてきた中小店舗向け決済手数料を10月1日から有料化する。月額1980円(税別)の「PayPayマイストア ライトプラン」への加入を条件に、決済金額の1.6%とする。クレジットカードが2.5〜3.75%、他のコード決済が2〜3%程度の手数料を課しているのに比べて安く、競争力を維持する狙いだ。

[ITmedia]

 PayPayは、これまで無料としてきた中小店舗向け決済手数料を10月1日から有料化する。月額1980円(税別)の「PayPayマイストア ライトプラン」への加入を条件に、決済金額の1.6%とする。クレジットカードが2.5〜3.75%、他のコード決済が2〜3%程度の手数料を課しているのに比べて安く、競争力を維持する狙いだ。

PayPayの決済手数料(PayPay)

 「PayPayマイストア ライトプラン」はPayPayクーポンの発行などが行える加盟店向けサービス。同サービスに加入しない場合、決済手数料は1.98%となる。

 これまで多くのコード決済各社は、3.24%の楽天ペイを除き、加入促進のために決済手数料を無料としてきた。この無料期間が続々終了している。多くは2.6%で、メルペイは7月から、d払いとau PAYは10月から手数料を徴収する。LINE Payは10月から2.45%となる。

 最大手のPayPayが、どんな決済手数料とするかが注目されていたが、他社を大きく下回る水準に決まった。

 この手数料を原資に、利用者へのポイント還元や入出金の費用も負担するわけで、4000万ユーザーと340万カ所の加盟店という、他社を凌ぐ規模を生かした事業モデルとなると見られる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -