メディア
ITmedia DX
ニュース
» 2021年08月27日 10時00分 公開

ANAグループ、羽田に無人店舗を開店 有人店舗併設で取り込む新たなニーズとはANA FESTA GO(1/3 ページ)

ANAグループのANA FESTAと、無人決済システムの開発を進めるTOUCH TO GOが、無人決済システムを活用した店舗「ANA FESTA GO 羽田B1 フロア店」を羽田空港に開店した。

[上間貴大,ITmedia]

 ANAグループのANA FESTA(東京都大田区)と、無人決済システムの開発を進めるTOUCH TO GO(TTG、東京都港区)が8月27日、無人決済システムを活用した店舗「ANA FESTA GO 羽田B1 フロア店」を羽田空港第2ターミナル地下1階に開店した。

無人店舗 無人決済システムを活用した店舗「ANA FESTA GO 羽田B1 フロア店」

 TTGが開発した無人決済システムは、これまでJR東日本の高輪ゲートウェイ駅内の無人コンビニや、小型スーパーマーケット「KINOKUNIYA Sutto目白駅店」などで活用されてきたが、空港での運用は初めて。お土産菓子や弁当など約100アイテムを取り扱う。

 空港内のギフトショップでは、「搭乗前にスピーディーな会計ができるお土産店舗を利用したい」「非接触で会計を済ませたい」「おすすめのお土産品の中から手間なく商品を選びたい」といった要望が聞かれ、ニーズは多様化しているという。

 そこで同店では、TTGの無人決済システムの活用の他、ANA FESTA羽田全店の売上・販売数量データを使った「おすすめランキング」形式を採用。お土産菓子を洋菓子、和菓子別にランキング形式で陳列した。また、棚には「〜¥800」「¥800〜¥1500」と金額を表示し、商品の選定から決済までをスムーズに行えるよう配慮した。

無人店舗 商品を手に取ると天井のカメラが認識

 入店時は、センサーがお客を察知しゲートが開く仕組み。店内混雑を避けるため、入店人数を10人以内に制限する。

 その後、棚から商品を手に取り決済エリアに立つと、店内に設置した18台のカメラやセンサーでお客が「何を」「いくつ」手にとったか自動で認識する。

無人店舗 天井には18台のカメラが
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -