金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年09月01日 16時48分 公開

仮想通貨取引所、SBI VCトレードとTaoTaoが合併

仮想通貨取引所を営むSBI VCトレードとTaoTaoは9月1日、21月1日付で合併すると発表した。存続会社はTaoTaoだが、合併後商号をSBI VCトレードに変更する。

[斎藤健二,ITmedia]

 仮想通貨取引所を営むSBI VCトレードとTaoTaoは9月1日、12月1日付で合併すると発表した。存続会社はTaoTaoだが、合併後商号をSBI VCトレードに変更する。

 仮想通貨分野におけるグループ内経営資源を集中させることが目的。現物のほかOTCデリバティブを併せ持つ、フルラインアップサービスを効果的に提供できる体制の構築を進めるとしている。

 合併後も各社の取り引きサービスは継続する。今後、サービス内容の変更、統合の際には改めて告知する。

 TaoTaoは当初Zホールディングス傘下にあったが、2020年10月7日にSBIホールディングス子会社のSBIリクディティ・マーケットが全株式を取得し、子会社化した。21年3月期時点での財務状況は、SBI VCトレードが営業利益71億4900万円、当期純利益48億4000万円。TaoTaoが営業利益6億7300万円の赤字、当期純利益は7900万円の赤字となっている。

合併する両社の概要

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -