トップインタビュー
ニュース
» 2021年06月09日 07時00分 公開

40%暴落のビットコイン ユーザーの反応は? GMOコイン石村社長に聞く(1/4 ページ)

GMOコインは、21年5月31日に4周年を迎えた。その間、17年から18年初頭に起きた仮想通貨バブル、さらに21年の価格急騰と5月に入っての急落と、市場の大きな変化を経験してきている。この4年間で、仮想通貨(暗号資産)を取り巻く状況はどう変わったのか。GMOコインの石村富隆社長に聞いた。

[斎藤健二,ITmedia]

 2017年5月31日に、当時は「Z.comコイン byGMO」として事業をスタートしたGMOコイン。社名変更、17年9月の金融庁の仮想通貨交換業者登録、そして20年5月の第一種金融商品取引業者登録などを経て、この5月31日に4周年を迎えた。

 その間、17年から18年初頭に起きた仮想通貨バブル、さらに21年の価格急騰と5月に入っての急落と、市場の大きな変化を経験してきている。この4年間で、仮想通貨(暗号資産)を取り巻く状況はどう変わったのか。GMOコインの石村富隆社長に聞いた。

GMOコインの石村富隆社長

ビットコインでは700万円を超える高値から40%近い下落と、仮想通貨(暗号資産。以下同)の暴落があった。ユーザーの反応はどうだったのか。

石村氏 そんなに影響はない。預かり資産評価額は減ったが、取引を止めたという話は聞かない。ビットコイン以外のアルトコインでは逆に買いが入ったものもある。

 また回復するんじゃないかという雰囲気もある。(前回のバブルである)2018年の時は「もう終わったな、怪しくて終わったな」という雰囲気が世の中にあったが、今年はそうではない。ビットコインとアルトコインで相関のない動きも増えてきて、「こっちは下がったけど、上がったコインにいこう」という動きだ。

 今から仮想通貨の取引に入ってくる人は、3年前の暴落を知らない人もいるかもしれない。仮想通貨の値動きには、下もあれば上もあるということへの、慣れ、耐性ができてきた。

直近4年間のビットコイン価格の動き

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -