3分Biz.
調査リポート
» 2021年09月08日 16時00分 公開

影響力の強いコンテンツ 「進撃の巨人」や「あいみょん」を抑えて1位になったのは?2021年調査(1/2 ページ)

博報堂がリーチ力・支出喚起力ランキングを発表した。「進撃の巨人」や「あいみょん」を抑えて影響力1位になったコンテンツは? 支出喚起力ランキングも発表。

[ITmedia]

 博報堂は「コンテンツファン消費行動調査」の2021年版を実施し、そのデータをもとにコンテンツの「リーチ力・支出喚起力ランキング」を算出した。リーチ力(影響力)の強いコンテンツ1位は「鬼滅の刃」だった。

博報堂は「コンテンツファン消費行動調査」を実施。リーチ力の強いコンテンツ1位は「鬼滅の刃」だった(画像:鬼滅の刃公式Webページより)

 次いで「あいみょん」、「進撃の巨人」。4位以下は「Official髭男dism」「呪術廻戦」「どうぶつの森シリーズ」と続いた。また、支出喚起力ランキングでは、1位はリーチ力と同様に「鬼滅の刃」。2位以下は「嵐」「パズル&ドラゴンシリーズ」「ドラゴンクエストシリーズ」「ONE PIECE」という結果に。

 「『鬼滅の刃』は、映画が国内歴代興行収入1位などさまざまなニュースが話題となるタイミングに、動画サブスクリプションサービスでアニメを随時視聴できたことがリーチ力の拡大につながった」と同社は分析する。

リーチ力と支出喚起力ランキングを発表(出所:リリースより)

 同様の動きは「呪術廻戦」や「新世紀エヴァンゲリオンシリーズ」など他のランクインコンテンツにも見られる。また、アニメ視聴、原作漫画に留まらず、公式ファンブックや公式画集といった書籍販売、各種コラボグッズの展開といったフィジカルの接点を充実させている点は、今回初めてランキング入りした「YOASOBI」とも共通する。

YOASOBIは今回初めてのランクインした(画像:YOASOBI公式Webページより)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -