金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年09月08日 13時02分 公開

後払いサービスペイディを、米ペイパルが買収 3000億円

後払いサービスサービスを運営するペイディ(東京都港区)を、米決済大手のペイパルが買収した。買収金額は3000億円。ペイパルは「世界第3位のEコマース市場である日本での越境EC事業に加えて、今回の買収により、国内決済市場で機能やサービスを拡充することで存在感をさらに高める」としている。買収は2021年末までに完了する予定だ。

[斎藤健二,ITmedia]

 後払いサービスサービスを運営するペイディ(東京都港区)を、米決済大手のペイパルが買収した。買収金額は3000億円。ペイパルは「世界第3位のEコマース市場である日本での越境EC事業に加えて、今回の買収により、国内決済市場で機能やサービスを拡充することで存在感をさらに高める」としている。買収は2021年末までに完了する予定だ。

ペイディWebページ

 ペイディは昨今急拡大している「あと払い」サービスの大手。アカウント数は600万を超えている。ペイパルによる買収後も、ペイディブランドのまま事業を継続する。また創業者のラッセル・カマー会長と杉江陸社長も引き続きペイディを率いる。

 海外では後払いサービスはBNPL(Buy Now Pay Later)と呼ばれ、利用者が急拡大している。国内でも、後払いサービスの市場規模は2022年には1兆3500億円に拡大すると予想されており、参入も盛んだ。

 大手のネットプロテクションズが運営する「NP後払い」に加え、メルペイもサービスを提供中。また「ZOZOツケ払い」「GMO後払い」「ヤフー」「ファミペイ」など大手も参入している。ペイディは無利息の分割払いを提供しており、NP後払いと並ぶ業界の大手だ。

 国内の金融サービスを巡っては、グーグルが決済スタートアップpringを49億円あまりで買収するなど、海外企業が参入の足がかりとして買収する例が増えてきている。

ペイパルのWebページ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -