3分Biz.
調査リポート
» 2021年09月14日 11時15分 公開

47%の高校生が「親などから、将来就きたい職業を否定された」 否定した理由は?(1/2 ページ)

バンタンは、高校生を対象に「新型コロナウイルスの影響による将来の進路や就きたい職業の志望度の変化」の調査を行った。47%の高校生が「将来就きたい職業について、親などから否定的なことを言われた」と回答した。なぜ否定されたのか?

[コネムラメグミ,ITmedia]

 スクール事業を行うバンタン(東京都渋谷区)は、なりたい進路がある高校生を対象に「新型コロナウイルスの影響による将来の進路や就きたい職業の志望度の変化」に関する調査を実施した。就きたい職業について、「親や学校の先生、友人などから否定的なことを言われた経験がある」と回答した高校生は47.0%と、約2人に1人が該当することが分かった。

「新型コロナウイルスの影響による将来の進路や就きたい職業の志望度の変化」の調査(画像はイメージ)

 どんな言葉を言われたかについて尋ねた。1位は「安定した職業に就いてほしい」(42.0%)。次いで「(就きたい職業に)就けないのではないか」(29.4%)、「大学に行ってほしい」(22.4%)と続いた。将来を心配しての発言だったことが分かる。

就きたい職業について言われた否定的な言葉ランキング(出所:以下、リリース)

 言われたタイミングで最も多かったのは、「将来の夢(就きたい職業)を打ち明けたとき」(42.6%)、次いで「進路面談のとき」(32.7%)、「成績やテストが返ってきたとき」(25.5%)だった。

否定的なことを言われたタイミングはいつ?
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -