3分Biz.
ニュース
» 2021年09月28日 18時15分 公開

浜松町に地上45階の「ツインタワー」着工、竣工予定は2030年度東芝ビル建替

野村不動産と野村不動産ビルディング、東日本旅客鉄道(JR東日本)は9月28日、浜松町ビルディング(東芝ビルディング)の建替事業「芝浦一丁目プロジェクト」の起工式を実施した。10月1日に着工する。

[熊谷ショウコ,ITmedia]

 野村不動産と野村不動産ビルディング、東日本旅客鉄道(JR東日本)は9月28日、共同で推進している浜松町ビルディング(東芝ビルディング)の建替事業「芝浦一丁目プロジェクト」の起工式を実施した。10月1日に着工し、以降約10年間に及ぶ大規模複合開発を計画している。

建設予定の「ツインタワー」周辺イメージ

 同プロジェクトは、今回着工するS棟と、2027年度着工のN棟からなる「ツインタワー」の建設を予定している。竣工予定時期はS棟が24年度、全体が30年度で、区域面積約4.7ヘクタール、高さ約235メートル、延床面積約55万平米。オフィス、ホテル、商業施設、住宅を含む大規模複合施設となる。

計画地(2017年発表資料より)

 S棟は地下3階、地上43階、高さ約235メートル。N棟は地下3階、地上45階、高さ約235メートル。低層階は駐車場や商業施設、中層階はオフィス、高層階はS棟がホテル、N棟が住宅となる予定。そのほかN棟には次世代エネルギー交流施設や子育て支援施設などが入る予定。

「ツインタワー」立体図イメージ
「ツインタワー」イメージ

 同プロジェクトでは、気候変動に対する緩和策として、最新の省エネ・省CO2技術と、「自社施設等での創電」による再生可能エネルギー、「カーボンニュートラル都市ガス」の導入等を予定。大規模複合開発における街区全体でのCO2排出量実質ゼロを実現するという。

CO2排出量実質ゼロ概念図

 気象災害への対策として、敷地内に防潮板を設置するほか、万が一の浸水に備え、重要電気諸施設を2階以上に設置。地下重要施設にも水密扉を設置する。内水氾濫対策として雨水等対応のための緊急遮断弁を設けるなど、都市機能の維持に取り組む

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -