インタビュー
» 2021年09月26日 09時00分 公開

カシオの“チプカシ”が大集合 「カシコレ」が登場したワケ3分インタビュー(1/3 ページ)

カシオ計算機の腕時計といえば「G-SHOCK」を想像する人が多いかもしれないが、低価格帯のモデルをまとめた「CASIO Collection」が登場したことをご存じだろうか。それにしても、なぜCASIO Collectionをつくったのか。生みの親に話を聞いたところ……。

[土肥義則,ITmedia]

3分インタビュー:

 「SNSで話題のあの商品はどうやって開発したの?」「なぜこの会社はこんな取り組みを進めているの?」ちょっと気になっていた企業の“なぜ”をコンパクトに紹介します。

 サービスや製品に込めた思いや苦労話など、担当者にしか分からない「裏側」を徹底取材。仕事が忙しくて、じっくりと情報を得ることができない人でも読めるよう、できるだけ簡潔にまとめています。テレワーク中の息抜きや移動時間、就寝前に「3分インタビュー」でサクッと情報収集!

記事一覧はこちら


 カシオ計算機の腕時計といえば「G-SHOCK」や「OCEANUS」などを想像する人が多いと思うが、一部のモデルについてファンから「チープカシオ(またはチプカシ)」と呼ばれていることをご存じだろうか。とはいっても、同社のカタログに「チープカシオ」と書かれた時計はない。SNSを中心に広まった愛称で、「チープ=安い」といった意味が含まれている。つまり、カシオが販売する腕時計の中でも、低価格帯の商品を指しているのだ。

A158WA-1JH(3300円)もCASIO Collectionに

 自然発生的に生まれたネーミングということもあって、同社の営業担当者が「チープカシオ、持ってきました♪」と言うことはできず。低価格の時計はグルーピングができていなかったので、「分かりやすく伝える」ことが難しい場面もあったそうだ。このままではいけないということで、同社は2021年7月に「CASIO Collection」(希望小売価格2200〜1万4850円)を立ち上げ、“無所属”の時計を枠にはめた。

CASIO Collectionを立ち上げ、3つのカテゴリーに分けた

 たくさんの時計をわけわけ(注:大阪弁)したことで、どのような結果が出ているのだろうか。発案者の畠弘紀さん(営業本部)と片山文章さん(同)に話を聞いた。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -