金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年09月30日 09時24分 公開

督促・回収業務のDX支援「Lectoプラットフォーム」、クローズドβ版提供開始

 Fintech関連事業を行うLecto(東京都渋谷区)は、9月より金融や決済事業者、Fintech企業における債権管理、督促回収業務のDXを支援する「Lectoプラットフォーム」のクローズドβ版をリリースしたと発表した。

[季原ゆう,ITmedia]

 Fintech関連事業を行うLecto(東京都渋谷区)は、9月より金融や決済事業者、Fintech企業における債権管理、督促回収業務のDXを支援する「Lectoプラットフォーム」のクローズドβ版をリリースしたと発表した。正式版は年内の提供開始を予定している。

煩雑な請求業務や連絡作業を一元化(出所:リリース)

 「Lectoプラットフォーム」は、金融事業の複雑なオペレーション設計や債権管理、督促回収業務を一貫して支えるプラットフォーム。クラウド上で稼働するSaaS型で、金融機関など利用者の企業システムにデータをオンラインでアップロードして管理する。債務者に対し架電、メール、SMS、チャットツールなど各種督促コミュニケーション手法を自動実行、総合的な管理が可能となる。

債権データ管理機能、自動リマインド機能(出所:リリース)

 導入を希望する企業へコンサルティングを通じ、回収率の向上や業務コストの抑制、システム開発費用の削減など、当該企業の提供する金融サービスの課題にあわせた最適なプラットフォームを設計する。また、導入後も同社のメンバーが運用をサポートし、業務フローの定着と金融サービスの継続的な付加価値向上に必要なアップデートを提案する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -