3分Biz.
調査リポート
» 2021年10月12日 10時30分 公開

58.8%が、オンライン会議で「違和感や不快感」を抱いた 原因は?オンライン会議に関する調査(1/2 ページ)

バルコは「オンライン会議に関する調査」を実施した。オンライン会議で、対面ではなかった違和感や不快感を抱いたことのある人は58.8%だった。どのような点に感じるのか、オンライン会議のストレスや問題点も聞いた。

[コネムラメグミ,ITmedia]

 オンライン会議用ツールなどを製造するバルコ(東京都大田区)は、「オンライン会議に関する調査」を実施した。オンライン会議で、対面では感じなかった違和感や不快感を抱いたことのある人は58.8%に上ることが分かった。

オンライン会議で、対面では感じなかった違和感や不快感を抱いたことはありますか?(出所:リリース、以下同)

 どのような点に違和感・不快感を抱くか聞いたところ、1位は「共有画面の切り替えがスムーズではない」(55.3%)だった。2位は「電波状況が悪い」(54.0%)、3位は「表情・ボディランゲージが伝わっていない」(40.9%)という結果に。

どのような点に違和感・不快感を抱きましたか?

 また、オンライン会議におけるストレスや問題点についても尋ねた。最もストレスがたまっていることは「音声が聞き取りにくい、発言者が分かりづらい、音声が途切れるなど音に関すること」(72.6%)だった。次いで、「参加者の姿が見えない、参加者全員が映らないなど、カメラに関すること」(54.0%)、「資料の共有ができない、あるいはしづらいなど画面共有に関すること」(53.3%)と続いた。

オンライン会議の際に感じるストレスや問題点は何ですか?
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -