メディア
ニュース
» 2021年10月27日 09時11分 公開

ローソン、レシート広告にAIを活用 消費者に合わせたデザインやコピー実証実験の結果は良好

ローソンはAIを活用したレシート広告を2022年3月から配信する。消費者に合わせたデザインやキャッチコピーを提示する。実証実験では購入率が上がる結果となった。

[ITmedia]

 ローソンは、会員データとAIを活用したレシート広告を2022年3月から本格的に配信すると発表した。消費者の価値観に合わせた広告デザインやキャッチコピーを提示する。

レシート広告をより効果的に活用

 これまでは、会員データの購買履歴、性年代、価値観から消費者の興味を推測し、割引券などを印字したレシートを発行してきた。22年3月以降は、従来の情報に加えてAIを活用することで、個々の価値観に合わせた広告デザインやキャッチコピーを用いたレシートを発行する。

 21年8月に実施した実証実験では、ロッテの菓子「トッポ」とカルビーの菓子「さつまりこ 焼きいも」のコラボ商品である「トッポ<さつまりこ>」のレシート広告を、異なる3つのデザインで消費者に訴求した。この実証実験では、対象商品を購入する可能性が高い会員をAIで抽出。抽出された20万人に対して、3パターンのレシート広告を発行した。AIが抽出した会員の購入率は、レシート広告を出さなかった場合で4倍、レシート広告を出した場合では12倍になったという。

 具体的にどのようなデザインのレシート広告を発行したのか。まず、ダイエット志向が高い消費者に対しては、「焼きいもたべたいっ! そんなとき! サクッと満足の1本」というコピーのレシートを発行した。癒されたいと考えている消費者に対しては、「素材の甘みに癒される トッポに新顔」と印字されたレシートを発行した。新しいことへの興味が高い消費者には、「え!? トッポがさつまりこ味!? 新コラボ」というレシートを発行した。

 今後の本格運用で、レシート広告による売り上げアップにつながるか。

ダイエット志向の高い消費者に発行したレシート広告(出所:リリース、以下同)
癒されたいと考えている消費者に発行したレシート広告
新しいことへの興味が高い消費者に発行したレシート広告

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -