メディア
ニュース
» 2021年10月29日 17時45分 公開

ファミマ、郵便局に「省人化店舗」 ロビーで350品を販売

ファミリーマートと日本郵便は10月29日、埼玉県川越市の「川越西郵便局」に、無人決済システムを活用したファミリーマートの省人化店舗を出店した。

[ITmedia]

 ファミリーマートと日本郵便は10月29日、埼玉県川越市の「川越西郵便局」に、無人決済システムを活用したファミマの省人化店舗を出店した。両社の経営資源を効果的に活用した新たな取り組みの一環。

ファミマ (以下、プレスリリースより)

 TOUCH TO GO(東京都港区)が開発した無人決済システムを活用。店内には、ゲート・ワン(東京都港区)が運営するデジタルサイネージを導入した。エンタメ情報やアート、ニュース、地域情報といったコンテンツを放映し、来店客に新しい店舗体験を提供するとしている。

ファミマ 無人決済システムを活用した省人化店舗

 同店では食品や飲料、日用品など約350種類を取り扱い、支払方法は交通系電子マネー、クレジットカード、現金とした。営業時間は郵便局の窓口とは異なり、平日は午前9時〜午後9時。土曜日曜、休日は午前9時〜午後6時。

 また、茨城県稲敷市の「柴崎郵便局」では、ロビーに陳列棚と冷蔵商品用ショーケースを設置し、ファミマが取り扱う約70種類の商品を販売する。代金は郵便局の窓口で支払う仕組みとした。

ファミマ 柴崎郵便局には陳列棚を設置

 ファミマと日本郵政は、2016年4月に業務提携に関する基本合意書を締結。インフラやノウハウを活用し、社会構造の変化に対応する新たな取り組みを進めてきた。両社は「今後もお客さまのさらなる利便性向上、地域への貢献に向け、さまざまな取り組みを行ってまいります」とコメントしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -