3分Biz.
調査リポート
» 2021年10月30日 10時00分 公開

緊急事態宣言の解除後にやりたいリフレッシュ 5位「飲みに行く」、1位は?(2/2 ページ)

[コネムラメグミ,ITmedia]
前のページへ 1|2       

コロナ禍で新たに見つけたリフレッシュ方法は?

 コロナ禍で新たに見つけたリフレッシュ方法は何か尋ねた。最も多かったのは「動画鑑賞」(16.5%)、次いで「散歩・ウォーキング」(11.0%)、「料理」(5.5%)だった。

 「動画鑑賞」はNetflixなどの配信サービスからYouTube、TikTokなどの動画SNSなどさまざまな媒体が挙げられた。家にいながらできるリフレッシュ方法として、人気度が高かったことがうかがえる。

 ICT総研(東京都千代田区)が実施した調査では、20年末時点での有料動画配信サービスの利用者数は2630万人で、21年に3160万人、23年には3970万人へ拡大する見込みだと指摘している。

コロナ禍で新たに見つけたリフレッシュ方法は何か?

 さらに、コロナ禍で新たに見つけたリフレッシュ方法(回答割合2.5%以上)に対し、それを行うことでストレスケアができると感じるか(リフレッシュ度)尋ねた。

 5位の「入浴・サウナ」(リフレッシュ度80.0点)、7位の「ガーデニング・DIY」(同85.0点)、9位の「音楽演奏・歌唱」(同82.9点)など、汗かき発散系のリフレッシュ度が高いことが示された。

 同社は「体を使った活動に没頭することで、仕事や家庭といった日頃の悩みに気を取られている状態から、目の前の身体感覚に意識を集中させることができ、結果としてリフレッシュにつながったと考えられる」とコメントした。

コロナ禍で新たに見つけたリフレッシュ方法と日頃のリフレッシュ度の平均

 今回の調査は、クラウドワークス会員を対象にインターネットで実施した。実施日は10月7日、有効回答数は200人。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -