ニュース
» 2021年11月02日 11時45分 公開

空の“おもてなし”を地上で! ANAのエアバスA380レストラン、12月も開催「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」(1/2 ページ)

ANAグループは、成田空港に駐機中の旅客機、エアバスA380型機、「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」を活用したイベントを12月に開催すると発表した。

[大泉勝彦,ITmedia]

 ANAグループは、成田空港に駐機中の旅客機、エアバスA380型機「FLYING HONU(フライング・ホヌ)」を活用したイベント「レストランFLYING HON」を12月に開催すると発表した。機内で国際線の機内食と飲み物を提供する他、機内見学会を開催する。

ANA ANAが国際線機内食を提供する「レストランFLYING HONU」を開催(出所:プレスリリース)

 同イベントは、新型コロナの影響で空港に駐機中の国際線機材を活用するため企画にされ、2021年5〜10月に計12回実施。これまでに約3300人が参加した。利用した人からは「旅行した気分やハワイに行った気分を味わうことができた」「ふだんはゆっくりと見る機会のない『FLYING HONU』を2機同時に楽しむことができた」「2回目の参加だが、毎回ワクワクする。3回目はクラスを変えて、また来る」といった声があったという。

 今回は、ブルーのサンタ帽をかぶったスタッフが出迎える他、空港にはクリスマスツリー設置するなど季節感を演出する。

ANA フライング・ホヌ2号機(出所:プレスリリース)

 機内では、国際線で提供している食事や飲み物、アメニティキットを用意し、客室乗務員が実際のフライトのように“おもてなし”をする。コースは「ファースト」「ビジネス」「プレミアムエコノミー」「エコノミークラス」の4つを用意した。エコノミークラスでは、追加代金でプレミアムエコノミーの食事へ変更できる。

 食事の前後で、もう1機の「FLYING HONU」の機内見学を実施。機内見学や2機を背景に記念写真の撮影などをできるようにした。

ANAANA 左からファーストクラスの洋食とプレミアムエコノミーの和食(出所:プレスリリース)

 「FLYING HONU」は、ANAが成田〜ホノルル路線専用機として15年12月に発注したもの。1号機(登録番号:JA381A)は19年3月に、2号機(登録番号:JA382A)は同5月に受領しており、それぞれ19年5月、同6月にハワイ路線に就航した。

 3号機(登録番号:JA383A)は20年4月に納入予定としていたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で納入が延期され、10月16日に成田空港に到着した。

ANA 3号機を仏エアバスより受領し、全3機が日本にそろった(以下、筆者撮影)

 同機は10月13日(現地時間)にエアバスの製造工場がある仏トゥールーズで受領後、10月15日午後6時10分(同)に離陸、成田空港には10月16日午後0時55分(日本時間)に着陸した。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -