3分Biz.
ニュース
» 2021年11月08日 09時20分 公開

洋服の青山、スマホで温度調節できる「ヒートモジュール対応スーツ」発売最高温度は53度

青山商事が、スマートフォンを使って温度調節ができるビジネススーツを発売。ソフトウェア企業のウェアラブルが提供する「ヒートモジュール」をスーツの背中や腰部分に挟み込むことで、37〜53度まで加温できる。

[ITmedia]

 「洋服の青山」を展開する青山商事は11月4日、スマートフォンを使って温度調節ができるビジネススーツの販売を開始した。ソフトウェア企業のウェアラブル(東京都渋谷区)が提供するヒートシステムを搭載した別売りの「ヒートモジュール」をスーツの背中や腰部分に挟み込むことで、37〜53度まで加温できる。

スーツ ヒートモジュール対応のビジネススーツ(以下、プレスリリースより)

 温度は1度単位で調節でき、53度の状態で最大5時間の継続使用を可能とした。また、スイッチを入れてから約2分で設定温度まで加熱され、衣服内を素早くあたためるとしている。

スーツ

 ヒートモジュールは電熱線を使用せず、5層のマルチレイヤ―構造で熱を伝えるため断線リスクがなく、薄型のシート状になっていることからジャケット裏地に挿入した状態でも違和感なく着用できるとしている。さらに、スーツは自宅の洗濯機で丸洗いでき、はっ水加工も施した。

スーツ ヒートモジュール(発熱シート・モバイルバッテリー)

 スーツの本体価格は3万1900円で、サイズはS〜LLの4サイズを用意した。また、別売りのヒートモジュールは5500円。洋服の青山主要100店舗とオンラインストアで販売する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -