3分Biz.
ニュース
» 2021年11月08日 16時13分 公開

赤ちゃんの名前ランキング2021 女の子1位は「陽葵」と「紬」、主な読み方は?たまひよ調べ(1/2 ページ)

ベネッセコーポレーションは、21年1月1日〜9月28日に生まれた新生児を対象に、名前や読み、漢字などについて調査した。男の子の1位は「蓮」、女の子の1位は「陽葵」と「紬」が選ばれた。

[コネムラメグミ,ITmedia]

 ベネッセコーポレーションは、2021年1月1日〜9月28日に生まれた新生児を対象とした「たまひよ 赤ちゃんの名前ランキング」を発表した。男の子は「蓮」(主な読み「れん」)が4年連続1位、女の子は「陽葵」(主な読み「ひまり」)が6年連続1位、「紬」(主な読み「つむぎ」)が初の1位となった(陽葵と紬は同数)。

新生児を対象に、名前や読み、漢字などについて調査した(画像はイメージ)
「赤ちゃんの名前ランキング2021」(出所:リリース、以下同)

 次いで、男の子の2位は「陽翔」(主な読み「はると」)、3位は蒼(主な読み「あおい」)、女の子の3位は「凛」(主な読み「りん」)だった。

 男の子の「蓮」は、昨年に引き続き4年連続1位。08年から14年連続でトップ3に入った。「れん」という音の響きや、蓮(はす)の力強く美しいイメージが人気の理由のようだ。

 2位の「陽翔」は、読みランキング(男の子)でも「はると」で13年連続1位だった。「明るく元気に育ってほしい」「どこまでも羽ばたいてほしい」などが名付けの由来として聞かれた。

 3位の「蒼」は、主な読み「あおい」が男女共通で人気があり、澄んだ空や海を連想させることなどが支持される理由だった。「蓮」「蒼」「樹」「湊」「碧」「律」「暖」など一文字名前がトップ10のうち7つを占めた。

 女の子の「陽葵」は6年連続で1位を獲得した。「太陽のように明るく」「向日葵のように真っすぐと」といった願いが込められているようだ。初の1位となった「紬」は「人や縁をつむいでいってほしい」という願いや、漢字の意味としての賢さや根気強さなどに魅力を感じるという理由が聞かれた。18年は11位、19年と20年は5位と順位を上げてきた。

 3位の「凛」は、名前の響きのよさや「凛とした女性になってほしい」という願いを込めることが多いようだ。男の子同様、「紬」「凛」「葵」「澪」「杏」など一文字名前がトップ10のうち5つを占めた。

男女別「赤ちゃんの名前ランキング2021」
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -