ニュース
» 2021年11月27日 18時51分 公開

名刺作成サービス「Sansan名刺メーカー」単独利用可能に Google Workspaceにも対応

 Sansanは11月26日、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」のオプション機能として提供している「Sansan名刺メーカー」を単独サービスとして提供すると発表した。これにより「Sansan」を導入しなくても「Sansan名刺メーカー」の利用が可能となる。

[季原ゆう,ITmedia]

 Sansanは11月26日、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」のオプション機能として提供している「Sansan名刺メーカー」を単独サービスとして提供すると発表した。これにより「Sansan」を導入しなくても「Sansan名刺メーカー」の利用が可能となる。

 また、「Sansan名刺メーカー」はGoogle Cloudの総合型ワークスペースGoogle Workspaceへの対応を開始する。

「Sansan名刺メーカー」サービスイメージ(出所:リリース)

 「Sansan名刺メーカー」により作成した名刺は、必要な分だけ紙の名刺として発注できるだけでなく、オンライン名刺としての利活用も可能となり、働き方に応じた形式の名刺の使い分けができる。名刺作成や発注業務、管理業務をGoogle Workspace上に集約できるため、総務部門をはじめとする名刺発注の管理部門の業務効率化を後押しする。

「Sansan名刺メーカー」サービスイメージ(出所:リリース)

 管理者は、「名刺情報」「レイアウト」「デザイン」を登録することで名刺を作成し社員に支給することが可能となる。名刺を支給された社員は名刺情報を社員それぞれのGmail画面上で確認でき、発注枚数と発送先の選択だけでオンライン上で簡単に発注申請できる。

 また、社員の名刺情報も集約できるため、支給した名刺情報の変更や管理も容易となり、これまでアナログに行っていた発注業務もデジタル化できる。

 なお、「Sansan名刺メーカー」は1ユーザーIDを年間1500円(税込)で利用できる。1ユーザーIDあたり年間1箱分(100枚)の名刺発注が無料付帯される。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -