金融機関のデジタル活用〜デジタル活用のヒントを探る〜
ニュース
» 2021年12月17日 14時45分 公開

SBI証券、国内初の一般向け「暗号資産ファンド」 7種類の仮想通貨に投資

SBI証券は12月17日、国内で初となる一般投資家向けの仮想通貨(暗号資産)ファンドの取り扱いを開始した。ビットコイン、イーサリアム、XRP、ポルカドット、ライトコイン、チェーンリンク、ビットコインキャッシュの7通貨に投資する。

[斎藤健二,ITmedia]

 SBI証券は12月17日、国内で初となる一般投資家向けの仮想通貨(暗号資産)ファンドの取り扱いを開始した。ビットコイン、イーサリアム、XRP、ポルカドット、ライトコイン、チェーンリンク、ビットコインキャッシュの7通貨に投資する。

7つの仮想通貨に、時価総額比率に応じたルールに基づき投資。比率の自動リバランスも行う

 名称は「SBI暗号資産ファンド(匿名組合1号)」。一般的な投資信託の形ではなく、クラウドファンディングなどで使われる匿名組合の仕組みを使う。SBIオルタナティブ・アセットマネジメントの子会社が匿名組合を作り、投資家はそこに出資する形。SBI VCトレードが仮想通貨の売買や委託を受け持つ。

クラウドファンディング同様、匿名組合を通じての投資となる

 リスクが高いことから、投資経験があり保有金融資産3000万円以上など、基準を満たす顧客のみを対象とし、SBIマネープラザの販売員が対面で説明した上で販売する。投資単位は500万円以上、100万円単位で、1年間、中途解約ができない。

 また税制的にはクラウドファンディングや仮想通貨現物などと同様、総合課税となる雑所得として扱われる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -