3分Biz.
調査リポート
» 2021年12月20日 09時30分 公開

軽自動車のイメージ、この10年でどう変わった? ホンダがユーザー1000人に調査(1/2 ページ)

ホンダが軽自動車ユーザー1000人を対象に、「軽自動車の機能やイメージに対する変化」についての調査を実施した。

[カワブチカズキ,ITmedia]

 ホンダが軽自動車ユーザー1000人を対象に、「軽自動車の機能やイメージに対する変化」についての調査を実施した。その結果、全体の96.7%が10年前と比較して「安全性能が向上した」と感じていることが分かった。

軽自動車 Hondaの軽自動車「N-BOX(エヌボックス)」シリーズ10周年(出所:プレスリリース)

 10年前と比較して軽自動車のイメージが良くなったと思うか聞いてみると、こちらも94.4%が「イメージが良くなった」と答えた。

 現在の軽自動車のイメージについては、「運転しやすい」(60.4%)という回答が最も多かったほか、「燃費がよい」(57.4%)、「車内空間が広い」(52.8%)、「実用的な」(41.7%)、「安全性能が高い」(33.7%)といった声が上位にあがった。

軽自動車 10年前と比べた軽自動車のイメージ(ホンダ調べ)

 一方、10年前のイメージを聞くと、「車内空間が広い」は6.8%と低く、この10年で46ポイントも評価を伸ばしていた。この10年で評価の伸長率が最も大きかったのが「安全性能」。10年前は最下位の3.9%だったが、現在は33.7%と8.64倍に伸長し、高く評価されていることが分かった。

軽自動車 軽自動車のイメージ比較(ホンダ調べ)
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -