メディア
インタビュー
» 2021年12月24日 11時35分 公開

ファーストキッチンの「顔認証決済システム」 派手メークでも「本人」と認証できるのか?記者が試してみた(1/2 ページ)

ファーストキッチンは都内3店舗にて、顔認証決済システムを導入した。2月28日までは実証実験の期間とする。顔認証の精度はどこまで高いのか? 派手メークでも「同一人物」と認証されるか、試してみたところ……

[熊谷紗希,ITmedia]

 ファーストキッチンは都内3店舗にて、顔認証決済システムを導入した。同社によると、ファストフード業界で初めての試みだという。導入店舗は、ウェンディーズ・ファーストキッチン赤坂見附店、渋谷センター街店およびファーストキッチン自由が丘店で、2月28日まで実証実験を実施する予定だ。

ファーストキッチンは都内3店舗にて顔認証決済システムの導入を発表 ※写真は赤坂見附店(撮影:日本コンピュータビジョン)

 導入の狙いは、「人手不足の解消」と「来店客の利便性向上」だという。確かに、財布もスマートフォンも出さなくていいとしたら、決済時の負担軽減や時間短縮につながりそうだ。実際にファーストキッチンに導入されたシステムを利用する米国のレストランでは、注文時間が5分から30秒に短縮されたという。ファーストキッチンの紫関修社長は「15秒ほどの短縮が見込める」とコメントした。

 そこで気になるのが、顔認証の”精度”だ。認証時間の短さは客の利便性向上に直結するポイントになりうる。髪型や髪色、メークに眼鏡などの違いがあっても正しく「本人」だと認証して、スムーズに注文できるのだろうか。

派手メークでシステムをだませるか?

 顔認証決済の利用手順はこうだ。客は事前に専用Webサイトから顔写真、氏名、電話番号とクレジットカード情報を登録する。後は、店舗の専用機器から注文をしてカメラに顔を向けるだけで決済が完了する仕組みだ。

専用の登録画面

 筆者は、顔写真を登録する際に”ギャルメーク”で挑んでみた。付けまつ毛に濃いアイシャドウで目元を大きく、シェーディングとハイライトで顔を小さく立体的に見せ、紫がかった赤の口紅を塗り、髪の毛を束ねて撮影した。

 一方、取材当日のメークは単色のアイシャドウで、まつ毛にはマスカラすら塗らなかった。シェーディングとハイライトも一切使わず、口紅は肌の色に近いものを選び、髪の毛はおろして、眼鏡も装着した。

登録時のギャルメーク(左)、取材当日のメーク(右)

 入店し、決済システムの前に顔を近づけてみた。マスクは外したものの、無事に「本人」と認証されて、注文画面へ移行した。顔認証登録ユーザー限定の高割引率クーポンが自動適用され、わざわざ専用アプリからクーポンを探したり、財布を出したりすることもなく、注文が完了。もう一度カメラに顔を近づけたら2秒ほどで支払い済のサインが表示された。

マスクを外すと顔が承認され、決済が完了(左)、商品が購入できた(撮影:日本コンピュータビジョン)

 メークだけでなく、眼鏡などのアイテムも活用し、それなりに印象を変えたつもりだったが、あっさり見破られてしまった。どういう仕組みなのだろうか?

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -