ニュース
» 2022年01月05日 11時21分 公開

ローソン、「ホットミルク半額」の結果を発表 販売数ランキング1位は茨城県牛乳の消費拡大を応援

ローソンは、2021年12月31日〜22年1月1日に全国のローソン店舗で半額にて提供した「マチカフェ ホットミルク」の販売量を発表した。コロナの影響で需要が減少した牛乳の消費量拡大を応援するのが目的だった。

[ITmedia]

 ローソンは、2021年12月31日〜22年1月1日に全国のローソン店舗で半額にて提供した「マチカフェ ホットミルク」の販売量が約135トンだったと発表した。

牛乳の消費を応援(出所:リリース)

 新型コロナウイルスの感染拡大などの影響で、牛乳の原料である生乳が大量に廃棄される懸念があった。また、年末年始には学校給食などがないため、牛乳の消費量が減少する傾向にある。そこで、ローソンは牛乳の消費量拡大を応援するために、通常は130円のホットミルクを65円で販売することにした。

 21年12月28日〜22年1月3日の販売数は、前年同期と比較して約18倍になった。

 販売数上位10店舗のうち、8店舗の近くに寺社があったという。また、購入者を分析すると、20〜40代女性が約半数を占めた。

 都道府県別の販売数ランキングでは、1位が茨城県、2位が栃木県、3位が福島県という結果に。茨城県の販売数は全国平均の約2倍となった。

ホットミルクの販売数ランキング(出所:リリース)

 ローソンのチェーン名とミルク缶のマークは、1930年代に米国オハイオ州のJ.Jローソン氏が営んだ「ローソンのミルク屋さん」が発端だという。同社は「今回、ミルク屋さん発祥のローソンとして、牛乳の消費拡大につながればと思い、半額セールを実施した」としている。

「ローソンのミルク屋さん」が発端

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -