2015年7月27日以前の記事
検索
ニュース

オープン1週間で満室! 在宅勤務の20代がソーシャルアパートメントを選ぶワケ現地を取材(1/7 ページ)

グローバルエージェンツが5月末にオープンしたソーシャルアパートメント「ネイバーズ鷺沼」が人気である。開業2カ月前から集客を開始したところ、約180件の問い合わせを集め、オープンして1週間後には全60室が満室に。住民の多くは20代のリモートワーカーだ。

PC用表示 関連情報
Share
Tweet
LINE
Hatena
-

 株式会社グローバルエージェンツ(東京都渋谷区)が5月末にオープンした隣人交流型賃貸住宅(以下、ソーシャルアパートメント)「ネイバーズ鷺沼」(賃料5万7000円〜7万5000円、2年プラン適用時/管理費・水道光熱費別)が、コロナ禍で好調な動きを見せている。開業2カ月前から集客を開始したところ、約180件の問い合わせを集め、オープンして1週間後には全60室が満室に。住民の多くは20代のリモートワーカーだ。

 同社はネイバーズ鷺沼を含め全49棟のソーシャルアパートメントを運営しているが、直近2年間でオープンした同規模の都内近郊の物件と比較して、もっとも早く満室になったという。


カジュアルな雰囲気の共用ラウンジ「Dine & Communicate」(筆者撮影)

 物件全体の入居率は数年前と比較して3%ほど下がっていることを踏まえると、この物件が抜きん出て人気が高いことがうかがえる。なぜ、ネイバーズ鷺沼が働く若手に選ばれているのか。現地を訪れ、営業担当の高橋紗代(たかはし・さよ)さんに聞いた。

       | 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

ページトップに戻る