ニュース
» 2007年10月16日 20時45分 公開

VW、新エンジンの「ジェッタ」と6速ATの「ポロ 1.4」+D Style News

フォルクスワーゲン グループ ジャパンが新エンジン「TSI」を搭載した「ジェッタTSI コンフォートライン」と、6速ATで加速の立ち上がりを向上させた「ポロ 1.4」を販売する。

[ITmedia]

 フォルクスワーゲン グループ ジャパンは10月16日、スポーティーセダン「ジェッタTSI コンフォートライン」とコンパクトカー「ポロ 1.4」を発表した。

photo ジェッタTSI コンフォートライン

 ジェッタTSI コンフォートラインは10月30日から販売を開始し、価格は293万円。従来の「ジェッタ2.0」に変わるこのモデルは、ツインチャージャー付き直列4気筒の1.4リッターエンジン「TSI」を新たに採用し、170馬力の実力を持つ(従来は150馬力)。トランスミッションは6速AT(DSG)。エクステリアにはクロームツインエキゾーストパイプや、ボディと同色のフロント/リアアンダースポイラーを新たに装備している。

 またこれにあわせ、2リッター直噴ターボエンジンを搭載する「ジェッタ2.0T」の名称も、「ジェッタ2.0TSI スポーツライン」に変更された。

photo Polo 1.4 コンフォートライン

 「ポロ 1.4」は10月16日から販売を開始。価格は2ドアの「Polo 1.4 トレンドライン」が169万円、4ドアの「Polo 1.4 コンフォートライン」が199万円。トランスミッションを4速ATから6速ATに変更し、加速の立ち上がりや燃費を向上させた。またエンジン出力も5馬力アップさせ、80馬力となった。

関連キーワード

フォルクスワーゲン


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -