ニュース
» 2008年03月05日 15時30分 公開

+D Style News:世界初「6局電波対応」の電波腕時計――ソーラー電波G-SHOCK「ライズマン」

カシオ計算機は、中国を含む世界6局の電波を受信できる電波ソーラー「G-SHOCK」を発表した。高度/気圧/温度を計測するセンサーを備えた“ライズマン”で登場。

[ITmedia]
photo “ライズマン”「GW-9200」

 カシオ計算機は3月5日、腕時計「G-SHOCK」シリーズの新製品として、世界6局の電波に対応したソーラー電波腕時計“ライズマン(RISEMAN)”「GW-9200」を発表した。6月28日から販売を開始する。価格は2万8350円。

 高度/気圧/温度センサーを備えたG-SHOCKとして1997年に登場した“ライズマン”シリーズのソーラー電波モデル。電波時計機能は、日本(2局)/アメリカ/ドイツ/イギリスに加え、新たに中国の電波に対応。世界6局の電波を受信できる「マルチバンド6」を採用した。「6局の標準電波に対応したのは世界初」(同社)。

 センサー機能の充実も図り、高度計はストップウォッチ機能と連動することで、経過時間とともに高度や高度差を計測。経過時間、積算上昇/下降高度、最高/最低高度などをメモリーできる。高度は5秒間隔で計測でき、短時間での高度変化が気になるロッククライミングやマウンテンバイクなどのスポーツ用途にも使用可能。そのほかにも、マニュアル高度メモリー、気圧差グラフィック、ペースアローなど、実用性の高い機能を新搭載した。

photo

 裏蓋には空を飛ぶムササビのキャラクターを刻印し、「高度変化に挑む男達の姿に重ね合わせている」という。20気圧防水を備え、連続駆動時間はパワーセービング状態で約20カ月。

関連キーワード

G-SHOCK | カシオ計算機 | 腕時計


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間