コラム
» 2008年06月09日 13時44分 公開

ラテンの歴史刻むウォッチブランド「クエルボ・イ・ソブリノス」+D Style 時計探訪(2/2 ページ)

[泰 仁,ITmedia]
前のページへ 1|2       

クエルボ・イ・ソブリノス――静かに眠り続けたラテンの時間 125年の歴史

photo 1950年当時のハバナの町風景

 1882年、アルマンド・リオ・クエルボは、叔父ラモン・イ・クエルボの始めた時計宝飾商を継いで、ハバナの中でも一流ショップが集まるアベニダ・キンタ通りに「La Casa」(ラ・カーサ)という名の時計宝飾店をオープンした。後に店名を“クエルボとその甥”という意味の「クエルボ・イ・ソブリノス」(以下CYS)に変更。オリジナルデザインの時計をスイスのラ・ショー・ド・フォンで製造し、卓越した時計製造技術に、おおらかなラテンの精神を吹き込んだ。そして、ハバナでも有数の高級時計とジュエリーを扱うショップとして広く知られるようになる――。


photo ハバナに現存する当時の金庫

 1940年代、砂糖/葉巻の需要拡大によりのキューバはかつてない好景気に沸き、それとともにCYSも絶頂期を迎える。パテック・フィリップやロレックスといった一流時計メーカーと共同生産したショップウォッチも数多く誕生した。アーネスト・ヘミングウェイ、クラーク・ゲーブル、ウィンストン・チャーチル、そしてアルベルト・アインシュタインなど当時の著名人たちの多くが、クエルボ・イ・ソブリノスの顧客名簿にその名を連ねていることからも、その人気ぶりがうかがい知れる。

 だが、その後、キューバ革命などの政情不安により、CYSは営業停止を余儀なくされる。


photo ショップネームが刻印された当時のポケットウォッチ

 20世紀末、長い眠りから“発見”されたCYSは、2002年、現CEOのマルツィオ・ヴィラによって本格的時計ブランドとして復活。現在、スイス・ルガーノを拠点に、クエルボファミリーの職人たちよって受け継がれたムーブメントや、当時のスケッチなどをヒントに、かつてのモデルに独自のタッチを加え、新しいハバナテイストを表現するエレガントなモデルをリリースし、話題を集めている。


photophoto 当時のポスターに紹介されている時計デザインを再現し、現代のエッセンスで仕上げた最新コレクション「エスプレンディドス・デュアルタイム」(55万6500円)

関連キーワード

デザイン | 腕時計


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -