ニュース
» 2008年11月06日 16時47分 公開

赤と漆黒の文字盤 「ブライツ フェニックス」限定機械式クロノ+D Style News

セイコーの「ブライツ フェニックス」から、機械式クロノグラフの限定モデルが登場。火の鳥を象徴する赤いインダイヤルと“赤を濃縮した黒”の文字盤が精悍な一品。

[ITmedia]

 セイコーウオッチは、高級ウォッチブランド「ブライツ フェニックス」から、数量限定の機械式クロノグラフ「SAGH011」を11月21日より販売する。限定500本で、価格は29万4000円。

photo SAGH011

 2008年3月に“本物志向の男性”に向けたブランドとして誕生したブライツ フェニックス。今回の限定モデルは、不老不死の象徴でありブランド名にも使われた火の鳥(フェニックス)や、日の丸をイメージしたという赤いインダイヤルを採用した。さらに、インダイヤルにはレコードの溝のような模様が刻まれ、針の視認性とダイヤルの質感を高めている。基本の文字盤には“赤を濃縮した黒”が使われ、光の加減によって黒にも深い赤にも見える独特の色合いとなっている。

 ストップウォッチの作動機構には、高い加工技術が求められる「ピラーホイール」を採用。限定モデルならではの仕様として、ベゼル/リュウズ/ボタンに黒い硬質コーティングを使用したほか、ムーブメントのローターにはグラデーション模様の上から金めっきを施し、裏蓋にはシリアルナンバーを刻印。ステンレススチールバンドのほか、クロコダイル革のバンドも付属する。

関連キーワード

腕時計 | 限定版 | クロノグラフ


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -