.forward設定で自分の手元にもメールを残したい

» 2001年06月13日 00時00分 公開
[木田佳克ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Sendmailやその互換を保証するメールサーバ(MTA)では、ホームディレクトリ直下に「.forward」というテキストファイルを作成しておけば、そこに記載されているアドレス宛に回送が行われる。

 しかし、自分の手元にもメールを残したい。そんな要望には、次のように記述しておけばよい。「\」は、自分自身にメールがループされないようにするためのもので、欠かすことはできない。

# cat ~/.forward
hogehoge@xxxxx.net
\hogehoge

 この例では、hogehoge@xxxxx.netに回送すると共にhogehogeアカウントにもメールを保存することを意味する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR