ファイルを探すにはどんな手段がある?

» 2001年09月26日 00時00分 公開
[木田佳克ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 探したいファイル形式によって幾つかの方法がある。最初に、ワイルドカードの扱い方も知っておきたい。次の例は、使用頻度が高いと思われるものだ。

hogehoge
hogehoge*
*hogehoge*
*=すべての文字列に相当する、?=任意の1文字に相当する

1.「ls」コマンドによる方法

 ディレクトリ内のリスト表示をする。

$ ls *hogehoge*

 ここでの例では、「hogehoge」が含まれるファイル一覧が表示される。

2.「find」コマンドによる方法

 特定のディレクトリ下のファイル検索を行う。

$ find ./ -name hogehoge*
$ find ./* -name hogehoge*
# find /* -name hogehoge*

 ここでの例は、上から順に「カレントディレクトリの頭からhogehogeが含まれるファイルを表示」「カレントディレクトリ下に頭からhogehogeが含まれるファイルを表示」「ルート階層下すべてから頭からhogehogeが含まれるファイルを表示」になる。

3.「locate(slocate)」コマンドによる方法

 ファイル名データベースからパターンに合うものを表示する。

$ locate hogehoge

 「locateコマンドのファイルデータベース更新を停止させたい」Tipsで紹介しているように、多くのLinuxディストリビューションでは、標準で毎朝4時にファイル名データベースが更新される。slocateによる更新が行われている場合、上記の方法でfindよりも高速にファイル名検索が行える。

4.「which」コマンドによる方法

 実行コマンドを探す。

$ which hogehoge

 実行できるパーミッションが設定されていて、PATHに設定されているディレクトリから実行コマンドを探し出せる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR