psコマンドで表示されるSTATの「S」や「SW」の意味は?

» 2001年12月19日 00時00分 公開
[木田佳克ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 プロセス状態を表示させることができるコマンド「ps」。このコマンド実行で表示されるSTAT項目には、デーモンなどで最初「R」表示だったものが、時間がたつにつれて変化していくのが分かるだろう。

$ ps ax
  PID TTY      STAT   TIME COMMAND
    1 ?        S      2:32 init
    2 ?        SW     0:00 [keventd]
    3 ?        SW     0:00 [kapmd]
    4 ?        SWN    0:00 [ksoftirqd_CPU0]
    9 ?        SW     0:00 [bdflush]
    5 ?        SW     0:03 [kswapd]
    6 ?        SW     0:00 [kscand/DMA]
    7 ?        SW     7:54 [kscand/Normal]
    8 ?        SW     0:00 [kscand/HighMem]
   10 ?        SW     0:00 [kupdated]
   11 ?        SW     0:00 [mdrecoveryd]
   15 ?        SW     0:46 [kjournald]
   72 ?        SW     0:00 [khubd]
 1437 ?        SW     0:06 [kjournald]
 1471 ?        SW     0:06 [kjournald]
 2201 ?        S      0:03 syslogd -m 0
 2205 ?        S      0:00 klogd -x
 2223 ?        S      0:00 portmap
 2258 ?        S      0:00 /usr/sbin/apmd -p 10 -w 5 -W -P /etc/....
 2295 ?        S      0:00 /usr/sbin/snmpd -s -l /dev/null -P /var/...
 2333 ?        S      0:00 xinetd -stayalive -pidfile /var/run/...
 2350 ?        SL     0:00 ntpd -U ntp
 2359 ?        S      0:03 /usr/sbin/dhcpd
〜以下略〜

 この記号が意味するのは次の通りだ。現在のプロセス状態を意味している。

記号 内容
D 割り込み不可のスリープ状態
R 実行可能
S スリープ中
T 停止中またはトレース中
W スワップアウトしている
Z ゾンビプロセス
N nice値を持つ
STATで表示される主な記号

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

あなたにおすすめの記事PR