ニュース
» 2004年06月02日 20時26分 公開

米F5、WebアプリケーションファイアウォールのMagniFireの買収

米F5 Networksは、Webアプリケーションファイアウォールを提供するイスラエルのMagniFire WebSystemsを5月31日付で買収したと発表した。

[ITmedia]

 米F5 Networksは6月2日、Webアプリケーションファイアウォールを提供するイスラエルのMagniFire WebSystemsを5月31日付で買収したと発表した。

 MagniFireは、Webアプリケーションファイアウォールアプライアンスの「TrafficShield」を主力製品にする。同製品は、アプリケーションレイヤでのフィルタリング機能と暗号化技術を組み合わせて、Webへの攻撃から保護する機能を持つ。

 F5のジョン・マカダム社長兼CEOは、「顧客は、F5のアプリケーショントラフィック管理における実績と経験をアプリケーションセキュリティ分野で活用することを期待している。今回の買収で、F5は優れた製品と技術の獲得だけでなく、TrafficShieldの利点をF5の製品ロードマップ上に組み込むことができる」と話した。

 同社が2003年7月に買収で得たSSL-VPN製品の「FirePass」と並んで、TrafficShieldはWebアプリケーションセキュリティを高める方針で、今後両製品のコントローラを組み合わせて、Webアプリケーションのセキュリティを強化するとしている。

 買収金額は2900万米ドル。全額MagniFireの株式で支払われる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -