ニュース
» 2004年06月18日 12時20分 公開

2003年国内ハイパフォーマンスコンピューティングサーバ市場は41.1%減

IDC Japanは6月17日、2003年の国内ハイパフォーマンスコンピューティングサーバ市場動向を発表。市場規模は前年に比べ41.1%減の533億円となった。

[ITmedia]

 IDC Japanは6月17日、2003年の国内ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC: High Performance Computing)サーバ市場動向を発表した。

 ハイパフォーマンスコンピューティングサーバはベクトル型スーパーコンピュータ、RISCサーバ、x86サーバ、IA64サーバから構成される非常に計算量が多く、高いコンピューティングパワーを必要とするアプリケーションを処理するサーバの総称。

市場規模全体は縮小するものの、x86サーバ・IA64サーバで3けたの成長

 2002年に地球シミュレータの出荷があったため、2003年の市場規模は前年比41.1%減の554億円となった。地球シミュレータを除いても前年より10.7%減となっている。

 これは、x86サーバによるHPCクラスターシステムや、RISCサーバよりも価格性能比の高いIA64サーバに需要が動いた事が市場縮小の要因であるとしている。

 ベクトル型スーパーコンピュータ、RISCサーバの出荷金額は前年比で2けたのマイナスとなったものの、x86サーバは前年比109.1%増と3けた成長を、またIA64サーバも3けたの成長となった。

 ベンダー別ではNECが27.9%(出荷金額シェア)と首位に、2位には富士通が18.3%(同)と国立研究機関・大学との結びつきが強い2社が上位を占めている。

2004年も引き続き市場規模は縮小

2004年の市場規模は出荷金額で9.1%の現象を予測している。これは「x86サーバやIA64サーバ、Linuxなど基本仕様が共通で価格性能比の高いプラットフォームを採用する割合が高まってくる」(IDC)と分析している。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -