ニュース
» 2004年06月23日 23時44分 公開

富士通、世界初の90ナノ半導体技術採用UNIXサーバを販売開始

富士通は、UNIXサーバ「PRIMEPOWER」に、90ナノ半導体技術を採用した64bitプロセッサ「SPARC64 V」を搭載した5モデルを追加した。

[ITmedia]

 富士通は6月22日、UNIXサーバ「PRIMEPOWER」のエンタープライズ/ミッドレンジモデルに、90ナノ半導体技術を採用した64bitプロセッサ「SPARC64 V」(クロック周波数1.89GHz)を搭載した5モデルを追加し、販売活動を開始したと発表した。

 SPARC64 Vは、同社が独自に開発・設計・製造を行うプロセッサ。UNIXサーバで90ナノ半導体技術を採用するのは、世界初になるという。

 価格は1116万円(PRIMEPOWER 650)から。同社は今後2年間に、世界市場においてPRIMEPOWERシリーズ全体で3万6000台の販売を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -