速報
» 2004年06月24日 08時43分 公開

今年のCOMDEXは中止に

MediaLive Internationalは、今年11月に米ラスベガスで開催予定のCOMDEXを中止。IT業界の今後のニーズに合わせて現在の在り方を見直す必要があると理由を説明している。

[ITmedia]

 今年11月に米ラスベガスで開かれるはずだった今年のCOMDEXが中止になった。かつて盛況を誇ったこの展示会だが、IT業界の今後のニーズに合わせて現在の在り方を見直す必要があると、主催者のMediaLive Internationalは6月23日の発表文で説明している。

 COMDEX主催社のKey3Mediaは経営破綻、その後MediaLive Internationalと社名を変えて運営している。昨年のCOMDEXは方針を転換してビジネスに焦点を置き、規模も縮小して開催されたが、大手の不在が目立っていた(11月21日の記事参照)。

 MediaLiveでは今後の在り方を検討するため、業界幹部でつくるCOMDEX諮問委員会を設置。ロバート・プリーストヘック社長兼CEOはその背景について次のように説明している。

 「今年もCOMDEXで黒字を出すことは可能だが、主導的なIT企業から広範な支持が得られないままそうすることは、業界のためにならない。COMDEX再編に向けた時間とチャンスを諮問委員会に与えるため、今年の展示会は延期するのが最善と考えた」

 諮問委員会にはAMD、Microsoft、Oracle、Samsungなどの幹部が参加。ベンダーやバイヤーの立場から業界イベントの価値を評価、業界のニーズにかなったCOMDEXの見直しを勧告する。

 MediaLiveによれば、韓国、ブラジルなどのCOMDEXは予定通り開く予定だが、ラスベガスで開催の次回COMDEXは来年11月になるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -