ニュース
» 2004年06月28日 21時44分 公開

日本HP、ミッションクリティカル分野向けに新しいハイアベイラビリティ・ソリューションを発表

日本HPは、通信/金融業界などに向けたハイアベイラビリティソリューション「HP Serviceguard Extension for Faster Failover」を販売開始する。

[ITmedia]

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は6月28日、ハイアベイラビリティ・ソリューション「HP Serviceguard Extension for Faster Failover(SGeFF)」を7月1日から販売すると発表した。

 SGeFFは、高度な可用性を必要とする通信業界や金融業界などのミッション・クリティカル分野において、より高速なフェールオーバーを実現するためのミドルウェア。

 従来最速でも15秒程度かかっていたクラスタの再構成時間が、SGeFFにより6秒程度にまで短縮可能なため、ユーザーはシステム障害発生時にもミッション・クリティカルなサービスをストレスなく利用し続けることができるという。「HP Integrity」サーバと「HP9000」サーバ上のHP-UX環境をサポートする。

 価格は1CPUあたり21万円(税込み)。

 また同社は、HP-UX環境向けクラスタソフト「HP Serviceguard」、クラスタ管理ツール「HP Serviceguard Manager(SGM)」、「Oracle Real Application Clusters」環境向けアドオン製品「HP Serviceguard Extension for RAC(SGeRAC)」の機能強化版を発表した。

 Serviceguardでは、従来よりも高度なネットワーク障害検知機能を搭載し、SGeRACでは「Oracle 10g」サポートなどの新機能を追加した。

 価格は、Serviceguard(SGMを含む)が1CPUあたり36万150円(税込み)、SGeRACが1CPUあたり47万9850円(税込み)。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -