速報
» 2004年06月30日 08時45分 公開

IBM、キャリア向けのサービス提供支援ソフト発表

[ITmedia]

 米IBMは6月29日、キャリアによる次世代アプリケーションとネットワークサービスの提供を支援する新ソフト「WebSphere Everyplace Service Delivery」 (WESD)を発表した。

 WESDはオープン標準を基盤として共通の開発/導入プラットフォームをつくりだすミドルウェア製品。キャリアが加入者向けに、最新のワイヤレスデータ通信と通話機能を提供するのを支援する。シリーズ製品として「Mobile Portal」「Device Management」「Subscriber Management」「Telecommunications Application Server」を提供する。

 米キャリアのSprintは、「Sprint Business Mobility Framework」でWESDを採用。ネットワークサービスプロバイダーや顧客が、コストを抑えながらエンタープライズアプリケーションを強化するのを支援する。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -