ニュース
» 2004年07月20日 19時15分 公開

マカフィー、ゲートウェイセキュリティ製品の最新版を発表

マカフィーは、ゲートウェイセキュリティ製品「McAfee WebShield Appliance 3.0」を発表した。

[ITmedia]

 マカフィーは7月20日、ゲートウェイセキュリティアプライアンス搭載ソフト「McAfee WebShield Appliance 3.0」を発表した。アプライアンスの「McAfee WebShield e250/e500/e1000」の本格的なバージョンアップが可能としている。

 McAfee WebShieldは、ウイルス対策やスパム対策、コンテンツフィルタリング機能などを統合した製品。最新のバージョン3.0では、論理グループでウイルス対策、スパム対策、コンテンツフィルタリングのルールを提供できるようにした。LDAPを利用して、ユーザーグループの定義・捜査・管理が可能だ。

 また、トランスポートロギング機能を搭載し、障害対策やフォレンジックスに使用するSMTPセッションの情報を幅広く収集できる。

 そのほか、ネットワークの健全性とステータスをダッシュボードから確認できるようになったほか、設定ウィザードにより、操作性も向上させた。複数のWebShieldの設定や管理を1コンソールから一元的に行えるという。

 8月末から出荷を開始する予定としており、現在ベータテスト版が米McAfeeのWebサイトからダウンロードできる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -