特集
» 2004年08月31日 22時49分 公開

dev Java:特集:Eclipseで始めるiアプリ――コード支援編 (5/6)

[きしだ なおき,ITmedia]

共通処理をメソッド抽出する

 「メソッドの抽出」機能は、コードの一部分をメソッドとして切り出す機能です。次の2行を選択した状態で右クリックして、メニューから「リファクタリング」→「メソッドの抽出」を選択します。

リスト8■FirstApp.java その7

 24:HTMLLayout hl = new HTMLLayout();
 25:p.setLayoutManager(hl);

画面9■メソッドにしたい部分を選択して「メソッドの抽出」

 作成するメソッドに関する情報を入力するための「メソッドの抽出」ダイアログが表示されます。

 ここでは、メソッド名に「assignLayout」と入力します。「setLayout」と記述したいところですが、Javaの場合「set」で始まるメソッドはプロパティに値を設定するメソッドに見えてしまうため、適切ではありません。

画面10■「メソッドの抽出」ダイアログ

 メソッド名を入力して「OK」ボタンを押すと、次のようにメソッド追加されます。

画面11■メソッドが追加された状態

 次のようなメソッドが表示されます。この結果によっても引数や戻り値が適切に設定されていることが分かります。

リスト9■FirstApp.java その8

    private HTMLLayout assignLayout(Panel p) {
        HTMLLayout hl = new HTMLLayout();
        p.setLayoutManager(hl);
        return hl;
    }

 呼び出し部分は次のようになっています。作成されたメソッドに適切な引数が渡されて、戻り値に適切な処理を行っていることも分かるでしょう。

リスト10■FirstApp.java その9

    public void start() {
        Panel p = new Panel();
        HTMLLayout hl = assignLayout(p);
        p.add(new Button("てすとよ"));
        hl.br();

 「メソッドの抽出」機能を使うと、共通して行う処理をメソッドとして抜き出すことが、手軽に確実に行えるのです。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ