ニュース
» 2004年09月27日 18時22分 公開

社内全体の盗聴PCを監視する「PromiScan モニターパッケージ」発売

セキュリティフライデーは、企業ネットワーク内の盗聴PCを監視、検出するシステム「PromiScan モニターパッケージ」の販売を開始した。

[ITmedia]

 セキュリティフライデーは9月27日より、企業ネットワーク内で行われている盗聴を監視、検出するシステム「PromiScan モニターパッケージ」の販売を開始した。

 同社はこれまでも、プロミスキャスモードで稼動してネットワークの盗聴を行っているPCを検出できるソフトウェア「PromiScan Ver3.0J」を開発、提供してきた。今回リリースされたモニターパッケージは、PromiScanの機能に加え、PromiScanが発するアラームを収集し、一元的に管理を行う集中監視ソフトウェア「PromiScan MC」を組み合わせたものだ。

 これにより、社内の各ネットワークセグメントにまたがって盗聴プログラムの起動や停止を把握し、盗聴PCの監視を集中的に行うことができる。ひいては、ネットワーク盗聴による機密/顧客情報の流出を防ぎ、抑止することにもつながるという。

 PromiScan Ver3.0J/PromiScan MCの対応プラットフォームはWindows 2000/XPで、価格は、1000クライアント監視/20セグメントライセンスの最小構成で80万円から。ライセンス販売のほか、ネットアンドセキュリティ総研を通じてダウンロード販売を行う。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ