ニュース
» 2004年10月27日 13時09分 公開

Turbolinux 10D搭載PCに「一太郎 for Linux」を付属するモニターキャンペーンが実施

ジャストシステムとターボリナックスは、官公庁/教育市場におけるLinuxデスクトップの導入を促進するため、「Linuxデスクトップモニターキャンペーン」を共同実施する。

[ITmedia]

 ジャストシステムとターボリナックスは10月27日、官公庁/教育市場におけるLinuxデスクトップの導入を促進するため、「Linuxデスクトップモニターキャンペーン」を共同実施することを発表した。

 同キャンペーンは、ハードウェア、OS、ヘルプデスクサポートをセットにしたモニターキャンペーン。OSには同社のデスクトップ用Linux OS「Turbolinux 10 Desktop」を搭載、さらに、12月に発売予定の日本語ワードプロセッサ「一太郎 for Linux」および日本語入力システム「ATOK for Linux」をセットにして提供予定。ハードウェアについては、現時点ではメーカーなどは決定していないという。

 このキャンペーンにより、購入前に実際にLinuxデスクトップを体験、モニターすることで安心してシステムの移行、導入を検討できる。なお、モニタリング期間終了後、優待価格でTurbolinux 10 Desktop、一太郎 for Linuxを提供するとしている。

 キャンペーンの申し込みは11月1日から11月30日。今回の対象社数は最大30社。流れとしては、メールで申し込んだ後、ターボリナックスの担当者からヒアリングを受け、その内容をもとに審査が行われる。

 モニター期間は2カ月間で、一太郎 for Linuxなどが提供されるのは12月初旬から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -