ニュース
» 2004年11月11日 00時50分 公開

エムコマース、指紋認証機能を備えたUSBメモリを発売

エムコマ−スは、指紋認証機能を備えたUSBフラッシュメモリ「BioSlimDisk iCool」の販売を開始した。

[ITmedia]

 エムコマ−スは11月9日より、指紋認証機能を備えたUSBフラッシュメモリ「BioSlimDisk iCool」の販売を開始した。

 BioSlimDisk iCoolは、指紋認証用のセンサとマイクロプロセッサを搭載したUSBメモリ。読み取った指紋データとあらかじめ登録された指紋データが合致しない限り認証できず、外部ストレージとして利用できなくする仕組みだ。

 また付属のセキュリティソフトウェア「BioSlimDisk Gateway Plus」を組み合わせれば、BioSlimDisk iCoolによる指紋認証を用いたWindowsへのログオン制御が可能になるほか、スクリーンセーバーのロック解除、仮想ディスク内の暗号化データの復号といった処理を行える。

 過去にもUSBメモリ本体を「鍵」として、Windows端末へのログインなどを制御するシステムが存在した。BioSlimDisk iCoolはこれに指紋認証を加えることで、IDとパスワードの組み合わせやICカード、あるいは単なるUSBメモリといった手段に比べ、手軽に、より強度の高い認証を実現できるという。

 BioSlimDisk iCoolの容量は128MB/256MB/512MB/1GBの4種類。価格はオープンプライスで、11月下旬より出荷が開始される予定だ。同社では三谷商事などのパートナー経由で、金融、医療、教育、製造といった業種向けに今後1年間で約3万台の出荷を見込んでいるという。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ